2種類ある食洗機

昔は食器を洗う際には一つ一つ自分達で洗っていかなければならず、多くなるとそれはそれは面倒な作業となっていました。
今では時代が進み、自分達で洗わずとも機械が自動的に洗ってくれるようになりました。
それが食洗機の登場です。
特に冬場となると水も冷たくなり、それによって手の肌に影響が出てしまうので、この機械の登場は手の美容が気になる女性の方には有難いものになりました。

そんな食洗機ですが実は種類があることを知っていましたか?最もその種類も2種類であるため一緒くたにして判断してもおかしくはないことですが。
食洗機の種類は卓上型とビルトインの2種類となります。
卓上型は据え置き型と呼ばれることもあります。
どう違うかというと卓上型はそのままキッチンに機械を置くタイプの食洗機であり、ビルトインはキッチンにそのまま1つとして埋め込んでしまうタイプの食洗機です。
単純にいってしまえばキッチンの一部にするかどうかの違いと考えてもいいでしょう。
更にここから卓上型とビルトインの中でもドアの開け方によってタイプが分かれてきますが基本は変わりません。
一方でメーカーによって違いも出てくるのでそちらは意識しなければならないことです。

種類が分かれているということは当然のことながら、どちらにもメリットとデメリットが存在するということになります。
では卓上型とビルトイン、それぞれどのようにメリットとデメリットがあり、どのような時に利用するのがベストなのでしょうか?

▽特集
卓上型からビルトインまで多種多様な食洗機を販売している通販サイトです ⇒ 食洗機 通販